「福島から語る」Vol.1 髙橋美加子さん

「福島から語る」Vol.1 髙橋美加子さん

髙橋美加子氏講話 2013年3月8日 東京・四ツ谷にて

 福島原発から25キロ程北の南相馬市内の私たちの地域では、地震そのものからは大した被害を受けませんでした。同じ市内でも津波ですっかり荒廃した地域もありますし、南隣りの小高(おだか)町やその南の浪江町では建物がペッシャンコになっていました。あの地域は原発から20キロ、10キロ圏内です。浪江では12日の朝から「総理大臣命令です。速やかに避難してください」という広報が回ったそうです。爆発の前です。原発のある3キロ圏では11日にバスが用意され、そこの人たちは東電の人と一緒に逃げることができました。
でも5キロ圏の双葉町ではバスが間に合わず、「自家用車を持っている人は即刻避難してください」と言われ、7000人の住民のうち5000人は自分で避難、というより、逃げたんです。バスで行く人も続いて避難しましたが、「荷物は出来るだけ持たないように。貴重品が入ったバッグくらいで」と指示され、泥棒などいない土地柄なので、鍵も閉めずに、すぐ帰って来られると思って出かけました。
緊急で避難先が見つからず、行政は全員が泊まれる場所を必死で探し、転々と移動して行きました。3日とか、1週間とか、まさに「さまよう」という感じです。最初に避難したのが浪江町津島、そこから飯舘、川俣、福島、郡山、福島…と。避難先が高濃度に汚染された地域だったことは、後から知りました。
放射能のことは何も知らされませんでしたから、水不足だった飯舘村では雪で手を洗いましたし、雪の降らない浜通りの子どもたちは、夢中になって雪遊びしていました。どこに行っても水不足は悩みの種で、給水車が来るたびにお母さんたちは子どもを連れて長い行列に並びました。放射能のことを知らなかったから、子どもを平気で連れていけたのです。
やがて少しずつ情報が入ってきましたが、ヨウ素剤は飲むタイミングや副作用の問題があるとのことで、配られませんでした。それに放射能の安全ガイドラインが示されても、それは大人が基準の数値で、子どもにとっての安全ラインは全く示されませんでした。ですから、いまお母さんたちの心の苦しみは並大抵ではありません。
一斉避難となり、マスコミも郵便も新聞も銀行もすべて一斉に、強制的に、引き上げさせられました。ATMも開きません。お金を手もとに持っていなかった人はものを買うことも出来ませんでした。さらに追い討ちをかけたのがバッシングです。

mikako01 南相馬の牛からセシウムが検出されたというニュースが流れたときの状況。運送会社は立ち入り制限区域には絶対に入ってはならないとされ、物資も情報も全く入ってきませんでした。すべて郡山あたりで止められ、人間様でさえ飢え死に寸前の状態で、飼料はもちろん入ってきません。稲藁がセシウムに汚染されているとの情報がない中で、農家が牛に自分の家で採った稲藁を食べさせるのは当然のことです。でもその農家はものすごいバッシングを受けました。私たちはマスコミに対して本当に怒りました。
こんなパニックが起きたのは、放射能があるからです。放射能は目に見えないんです。ところが、まるで個人の不注意であるかのようなすり替えが行われたんです。

私は元々、原発に賛成しておりませんでしたし、双葉の原発の下に活断層があることも知っていました。当初は、危ない、避難なんてできないよ、と声を上げていましたが、40年経つうちにだんだんと科学技術への信頼感を持ち始ていました。
でもあの事故で、故郷の大地が放射能に汚染され、自分たちの土地の食べ物が食べられなくなくなって、初めて分かったのですが、人間は水や空気や土でできているんですね。その土地でできる作物を食べ、その命を私たちの体の中に移し替えている。私たちの体は故郷の大地が創り出している。だからよその地域の安全な食べ物を食べても心が埋まらないのです。

そんな中で新政権は原発再稼働へと舵を切りました。世の中も電力が値上げになると大変だと言います。でも地元で暮らす私たちは「原子力で電気を作るのはもう止めてください」という長いフレーズで訴え、皆さんにも同じ言葉で発信して頂きたいのです。「原発反対」というと政治色がかかってしまうかも知れませんから。でも「善人の沈黙」が日本を誤った方向へと導いてしまうことを、意識してほしいです。
避難中、私は福島にいてその後仙台の娘の家に身を寄せました。福島では放射能汚染を避けるため、私はツルツルのカッパを着、マスクもつけていました。母の病気の事で仙台の大学病院に行った時「南相馬から来た人はスクリーニングを受けてください」という掲示があったので、家族を誘って検査を受けに行ったところ、私の靴から高い放射線の数値が出て、直ちに没収されました。その靴は2、3日、狭い娘のアパートの玄関にあったのです。娘の子供は一歳。家族は何も言わない。でもその瞬間、家族の雰囲気は一瞬フリーズしました。その時の私の複雑な気持ちを考えてみてください。自分自身のせいではないけれど、私が放射能を持ってきた、すまない、と思い、身が小さくなりました。
そういう経験をした私たちは、いま南相馬で普通に暮らしています。線量は平均で0.4ぐらい。0.1~0.2だと外で子供たちを遊ばせてもいいという感覚です。ホールボディーカウンターも整っていますし、食べ物の線量も全て測られています。そして20キロ圏内に立ち入りが許されてからは、双葉、小高の人たちが仮設から自宅に通うようになり、町は活況を呈しています。
でも見えない放射線が低線量といえども存在する、細胞に影響するものがある、ということを皆が無意識で感じ、精神的な疲労から病気になる人も増えています。

私自身は今回の経験から、人間はどんな所でも生きていくエネルギーをなくさない、強いな、と感じました。でも人は、切り離され絆が断ち切られたときには、非常に弱くなります。20キロ圏が解除されて自宅に戻った男性が、もう元に戻れないと悲観して自殺してしまいました。一人で抱え込み、それを支える絆がなかったからです。
さらに心配なのは子どもたち。彼らは大人の言葉をまともに聞き、苦しみます。
私たち大人は四六時中、放射能のことを話し、東電への怒りをぶちまけ、国は何もしてくれないと言い交わしています。それを子どもたちはまともに聞くのです。子どもたちは親が思っている以上に親のことを思い、苦しみ、親を苦しめているものを純粋に憎みます。私たちは知らないうちに日本の国を憎むような子どもたちを育てているのではないか、と本当に危惧します。しかも、いま日本にはどことなく虚しさが漂っているようです。
でも若い人たちは、夢と希望を持って一日一日をちゃんと生きていくだけでいい、自分の気持ち次第だ、と無意識に感じ、行動しています。彼らを枠にはめるのでなく、譲って、応援していくことが大切だと感じています。
私たち、屋外遊びができない子どもたちの遊び場作りをしてきました。体育館には、もらってきた段ボールだけ。そこで最初にスイッチが入ったのはお父さんたち。子どもを住まわせる家を作ったんです。次に子どもたちが道を作りました。家と家が道で繋がり、女の子たちはお店屋さんを作りました。男の子たちは刀や吹き矢のような武器を作り、段ボールを丸めてボールも作って、野球やサッカーを始めました。すると高校生たちが銀行を作り、地域通貨を発行しました。仕事をしたり、作ったものを持ってきたら、通貨をもらって本物のお菓子と交換できる。すごくいい仕組み、微笑ましくて建設的だと思うでしょう。働いたらお金がもらえるからたくさんお手伝いしてね、と。

ところがそのうちに「強盗する」っていう男の子や、偽札を発行する子供まで現れました。で、一週間で銀行はつぶれました。何か、すごく根本的なことですよね。
そんな中で、大人たちは材木などをもらってきて、高い塔を作り始めました。男の人たちってそういうのをやり始めると止まらなくなるんですよ。その塔から大人や高校生が飛び降りる。すると子どもたちは注意深く観察して、3才ぐらいの子どもたちでも天井ぐらいの高さから飛び降りるんです。子供って賢いなと思います。誰かが飛ぶのをちゃ~んと観察し、行けるところまで行ってもダメだと思ったら引き返し、また見てて、また少しずつ登っていって、最後には飛び降りるんです。
それを見た親のほうが感動するんです。そして子どもにすごく優しくなる。子どもの可能性を、親が肌で感じるんですね。そうすると子どもを大切にするようになるんです。
子どもは自分でちゃんとやっていく。日本の未来は保たれていきます。
どなたの中にもこの「子ども」がいます。「子ども」つまり人間としての感性を取り戻し、柔軟な柔らかな心になることから始めてください。

mikako03 いま南相馬では、町づくりに取りかかろうという大人も若者もいっぱい出てきていて、そういう活動をしていると、私たち「神様が来た」と言うんですが、極端な場合には3時間で必要なものが届いたりします。「国に出来ねえこと、俺たちでやっぺな」という意識の高まりの中で、「南相馬バスツアー」というスタディーツアーも企画されています。
津波の被災地に行って苦しくなった、という人がいます。その場に行かなければ体験できないことがあります。外から来てそれを体験した人に、道端で出会った土地の人が、2年間誰にも話せずにしまい込んでいたことを話す、関係ある人には話せないことを、見知らぬ旅人だからこそ話せるということがあります。だから南相馬を訪れて、知って、触れ合ってほしいのです。
3.11には色々な行事が行われますが、何もしない、静かに過ごすっていう人もいっぱいいます。胸が苦しいんですよね。未だに、やっぱり涙が出てくるんです。でもそういう感覚を大事にしていきたいんです。人間って、嫌なことは忘れたい。でもなかったことにしたら終わりです。
その記憶を忘れずに、私たちはこれから「希望」という名の高い塔を築いていかなければならないのだと思っています。

最後に「原子力で電気を作るのはもう止めてください!」という声を上げてくださるよう、どうぞお願いいたします。

髙橋美加子さん (株式会社北洋舎クリーニング代表取締役。福島県南相馬市原町区からホームページにて地域の現状を訴え大きな反響を得る。のちに「南相馬からの便り」と題し、現在7号を発行。北洋舎クリーニングHP http://www.hokuyosha.com/)