「福島から語る」Vol.2 田中徳雲さん

「福島から語る」Vol.2 田中徳雲さん

田中徳雲師講話 2013年9月13日 東京・四谷にて

 私は一般の普通の家庭に生れ育ち、高校在学中は野球をしていたのですが、下手で、練習をやり過ぎてけがをし、入院、その入院中に先生に勧められて、吉川英治の宮本武蔵を読み、その本の中の沢庵和尚に強く惹かれ、自分もこのようになりたいと思い、坊さんになりました。
平成9年から福井の永平寺で約5年間修行し、その後、今の南相馬市小高区の同慶寺に副住職として迎えていただきました。今から七年前に急に和尚がいなくなり、その後私が住職を仰せつかっております。また今から八、九年前にこの寺の分家の小寺である双葉町の仲禅寺の住職もさせていただきました。現在、私は結婚していて家族もあり、4人の子供(9,7,5,1)歳の子育て真っ最中です。そんな中でこの度の大震災に出会いました。

まず、この寺の歴史を申し上げると、この寺は1213年に建立され、今年はちょうど800年の節目に当たります。1394年、相馬藩13代のとき天台宗を真言宗に改め、名称も同慶寺としました。相馬家は非常に宗教意識が高く、鎌倉時代より連綿と続いてきた家柄ですが、この時代から明治の廃藩置県まで続いた藩は、岩手の南部藩と九州の島津藩そしてこの福島の相馬藩の3藩のみで、しかも相馬は6万石の小藩にすぎません。それも背伸びして、本来は三万石と聞いています。小藩の良さと言うか大名、殿様と人民の間が親密であったということも否めません。互いに酒を酌み交わすなど非常に親しい関係があったようです。
ご存知のように、ここでは昔から地域の伝統芸能として、野馬追の行事が千年以上続いてます。相馬の祖は平将門と言われており、自然放牧をしている馬を年に一度集めて野馬追と言う祭事が行われています。
地震の前までは私達には平和な日常がありました。我々は地震のたびごとに原発について心配していましたが、3・11の直後、直感的にこれはだめだろうと思いました。寺もかなり崩壊してしまったのですが、私自身は揺れが収まってすぐに学校に行き、子供たちを集め、地域の皆様と相談して、すぐに避難を始めました。ちょうど寺には信者の方々が来ておられたので、その方々をお送りしがてら、先ず60キロ離れた福島まで行きました。
車中で子供たちは情緒不安定になり、風が吹くとおびえて泣き出します。一旦福島のふくろうの会に立ち寄り、そこから会津若松の栄町教会に落ち着きました。しかし、またそこから日本アルプスの向こうの長野をめざし、夜通し走って避難し、翌日、福井をめざし、家族はそこに落ち着きました。
自身は福島の人のことが気が気ではなく、単身福島に戻り、それから福島-福井を往復する生活が2年間続きました。片道800キロの道のりの往復は2年間続き、五日に一度とか、約140回を数えました。家族にとっても今まで一緒に暮らしていた生活状況が一変し、父なしの生活は限界でした。それでとりあえず、妻の実家のあるいわき市に今年の4月に帰ることにしました。

tokuun03 話しが交差しますが、震災後、6月頃、立ち入り禁止の寺に許可証をとって入り、見るも無残な草ぼうぼうの倒壊した寺の写真を撮ったり、原子力国際センターにかけあって10月第1回の清掃活動を提案し、信徒の方々と共に始めました。そのために前日まで掛け合い、立ち入り制限を何とか強行突破しての事でした。まだ水も電気もなく、不自由な中でしたが掃除道具・弁当持ち寄りで、私たちは思いを貫きました。その後、現在に至るまで1日と15日に、清掃行事を続けています。掃除のときには記念写真を撮り、終わると茶を飲み弁当を食べてゆっくりしてゆかれる。一方福井に残した家族は五歳の子供が七月の七夕の短冊に願い事を書けばよいと言われて”フクシマニカエリタイデス”と書いていた。
妻も私も言葉がなかった。子供なりの気づかいで我々に直接に言ったことがなかったのです。みんなで一緒に生活したいというのがみんなの希望です。おじいさんもおばあさんも友達もみなある日、突然、生活が途切れ、離れ離れになり、今に至っています。夏休みなどに友達と会う機会を作るなどの活動が続けられています。継続的にこのような運動は続けたいと思います。子供たちは、最初は緊張して少し馴染まなくても、すぐに打ち解けます。私たちは被災者であるとともに同時に支援者でもあり、心のケアをする宗教者でもあります。宗教というとレリジオンの訳ですが、もともとそれは生活のことです。

朝な夕な手を合わせ生活する。祈りをすることは日本では生活であると言えます。本当の意味で足が地についた地域の人々が支援者になってゆくのです。
しかしここでは火をたくことができません。人間は火を焚く動物でありそれは進化の過程です。それが出来なくなっているのが今の状況です。火をたくと通報されたりします。
何か方法を誤ってしまった今の時代を象徴しているようです。そして原発の火によって私たちは避難しています。火の使い方を誤ってしまった人間が今の私たちです。
2011年3月11日以後も馬追の行事は規模を縮小しながらも続けて行われています。それは千年続いたことをやめたくないとの地元の人々の強い意志の表れです。
2012年のお盆の時、数えきれない人々が盆の供養に集まられたが、台所の方では何がひどいと言ってネズミの数でした。あの頃はまだ手付かずの状態で、人が住まなくなって2年も経つと、満月の晩はネズミで家が揺れるほどでした。私が寺に帰って一番にしたことは、主人が帰ったことを告げるために笛を吹いて太鼓をたたく事でした。

この辺の課題は安全基準の値が高すぎるのではないかということです。水も食品も共にです。100べクレルと言えば廃棄物です。それを大丈夫だと言います。規制をすると混乱するから大丈夫と言うのです。今の課題は法律を乗り越えてゆくことだと思います。
避難するにしろ留まるにしろ大変です。私が経験したのは、福井と福島で家族がバラバラになってしまったことでした。子どもの被ばくに目をつぶって帰ってくることも辛いことでした。普通の日常生活を営むことがかなわないことは狂気の沙汰でした。妻も泣いていました。 子どもたちも泣いていました。転校したくない、しかし2年たてば子どもはもう福井弁を話していました。そしてまたそこを離れることは、また別の問題で、多くの子どもたちがそういう思いをしている現状です。

賠償の問題があります。私は弁護士を通して何度も東京電力と話し避難の経費について、願書を提出しています。でも常にはねつけられているという現実があります。4回も書類を出して一年半も通らない厳しい現実です。すべての事に状況証拠を出せと言う…それは向こうのすることだと思います。放射線防護の基準があります。被曝を強制するものが安全基準を作っている。強制する側の作った社会基準を我々は受け入れているのです。IAEAもICRPも核を推進する側の核産業保護のために立ち上げられた組織です。WHOでさえもその傘下で第三者的または公平な学術機関というわけではありません。原発を推進するものであることを忘れないで下さい。私達には被爆しない権利があります。原発はいらない。原発の無い世界を生きてゆく権利があるはずです。自由の身であるはずです。それでもなお、今、福島で何とか復興への道を歩んでいます。倒壊した家もボランティアでなおしています。今、我々は作業着を着ていますが、馬追のときは正装して馬に乗る若者達です。

村上の海の方で田植え踊りを継承している婆さんたちがいます。ここは75世帯の集落で、津波で62人が亡くなり、集落自体が今はなくなっています。しかし、それでも集落の人は祭りを継承しようとしています。これを機に集落の人が集まればと言う思いです。こんな時こそお祭りをして天国、極楽のような、みんなが笑って歌って舞うような空間を作り出したい思いです。
足元に目を向けると草花の異常が目につきます。タンポポの花が三つ四つ一本の茎によじれて一緒になっている。10本くらい一緒になっているのもあります。これは環境省に言いたい問題で、肥料過多ではないかと言われましたが、ゴルフボールのようなシロツメグサがあったり、おたまじゃくしの奇形が見られている状況です。今日、私たちは何が大切か身にしみてわかります。日々の何でもない生活が何より大切なのです。家族が一緒に住むこと、一日の生活の中で日常の挨拶をかわすこと、知った顔がそこにあって、知った人とごく当たり前の日常がどれほどありがたくかけがえのないものか、身にしみて感じた2年半でした。しかし同時に、起こってしまったものは仕方ない。だから前を向いてゆこう、子どもたちのために、5年10年後のため、まだ生き続ける人に負の遺産を残したくないという思いです。その前に過去を反省する必要があります。私たちは皆さんを含めて皆、被害者であると思います。

私はあちこちの線量を図りました。東京の方でも量りましたが、どこもあまり線量は変わりないようです。福島は確かに非常に高く、寺は800べクレルで、雨どいの下は10万べクレルもあります。仙台市内で1000べクレルのところもあり、東京都内でも300~400のところもあり、雨水のたまっているところでは東京駅でさえ、去年ですが、ものすごく高い点もあり、みなどこでも被害者であり、安心して子育てのできる状態ではありません。でも、やはり便利で快適な生活を求め、享受してきたことを思えば、お互い皆我々も加害者であることも否めません。この意識をもって前向きの反省をしたうえで、どのようにしてゆけば良いのか。居心地の良い生活に安住することを自分自身とよく相談して自らを省みつつ、生活を切り替えてゆくとよいと思います。
我々は地下資源「化石燃料」をあまりにも近年急に消費し続けたために異常気象が起こり、今までなかったような現象が其処此処に起こっています。地球はその限界を通り越して一杯一杯になっている。われわれは日本人であるとともに地球人でありたいと思っています。江戸時代に各藩は日本が一つの国になるとは誰も思っていなかった、今は一つの国家です。宇宙から見て国境などは存在しない。地球は青い美しい星です。今の子供たちはそういう意識を持っている。次の世代は簡単にその事実を認識し、乗り越えてゆけると思います。地下資源を消費し続けた故に起こっている異常現象、すなわち竜巻、100ミリ以上のゲリラ豪雨など、地球が限界を通り超えて苦しんでいるのは、自分たちの責任でもあることを自覚し、地下資源でなく地上の資源を使うことを考えるべきではないかと思います。
南相馬市では「鎮魂復興植樹祭」が2013年10月6日に南相馬では植樹祭が行われました。その構想は森の防潮堤を作ろうということです。それは早いうちから言われていたことで、今までの防災林は赤松、黒松などでした。しかしこれは機能せずにほとんど流されてしまいました。宮城県などでは全会一致で防災林を考えていたのですが、待ったを掛けたのは国・法律でした。産業廃棄物は燃やしてはならないというので国としてはコンクリートの防潮堤を作ることになっています。樹木の選びに問題がありました。瓦礫の山の上にみんなが集まって未来の子供のために木を植えよう、それも広葉樹の森をと言う運動が盛り上がり、早いうちからこの構想が練られていました。南相馬市では元首相の細川さんを会長としたこの運動を実現させました。3000人の市民とボランティアの人々が集まって、2万本の植樹を完成させました。こういう事は国家プロジェクトでやってほしいものです。

tokuun04 今回の原発事故は、物質文明に満たされた我々が経済効果のみに依存し、ただ儲かればよいと、海のこと山の事、40年50年先のことを皆忘れて、現在の快適さを求め続けた見返りともいえ仏教では因果応報と言う言葉があります。良くないことをやれば必ず返ってきます。自然を傷つければそれは必ず私たちに返ってきます。皆様方もみな周知の法則です。いかなることも必ず清算されるカルマの法則です。この度の原発事故は地球にとって最後の最後のチャンスを与えられたものと言えます。地球にとって、私たち人類の生き残りにとって、やがてやってくる精算の衝撃を少なくするのは、今日の私たちの生き方にかかっています。すなわちここ数年のわたしたちの行動によるものと言えます。地球からのサインは出ているのです。人間がもっともっと欲しいと積み上げられてきた欲望のこの40年間に傷つけられた地球が叫んでいます。南海地震も来ると言われています。原発は福井にも浜岡にももんじゅもいたるところに立地しています。我々もこうして生活が戻ってくると、慣れてくる傾向が私自身の中にもあり、時々、海に見に行ってその時の事を思い出します。2年前に何が起こったのか、2年半のうちに現状に慣れてきて来ている自分を見るとこれも適応能力ではあるが、原発の恐怖におびえた時の事を思い出します。
良くも悪くもサインは出ているのだから忘れないで行きましょう。3・11の地震の時に生きた心地がしなかった、あの時、私はついに来たと思ったことを思い出します。その時は必ずきます。地震も、大津波も、その時の為に災害を少しでも食い止めるために、先の防潮堤のようなもの、鎮魂の森のようなものが出来ればよいと思います。それは相当の力になると思います。人間の作った法律は何とでもなります。私たちは出来ることからやってゆきたい、役人は役人の、我々は我々なりの、それぞれの持ち分で歩みを止めず、コツコツと前進してゆくことが何より大切だと思っています。出来ることからやってゆきましょう。