「福島から語る」Vol.3 高野郁子さん

高野郁子氏講師 2012年9月29日 東京・六本木

被災・原発爆発・避難
南相馬市原町カトリック教会は東京電力福島第一原子力発電所(以降、福島第一原発)から、24.5km、海から5.5kmのところにある。2011年3月11日(金)午後2時46分、三陸沖を震源とするマグニチュード9.0という大地震が太平洋沿岸及び東日本を襲った。3月12日、福島第一原発1号機水素爆発。30km,20km,10kmの避難指示がでた。3月14日、3号機爆発、14日の2号機の爆発音は、私も聞き、「パン!」と南から聞こえた。15日には、2号機で爆発、4号機で火災・・・すぐ「30km圏内は屋内待避」と防災無線が告げた。マスクで予防し、長袖を着て、頭は帽子をかぶって窓をぴちっと閉めて保護した。南相馬市長は、避難を呼びかけ、バスを準備していた。しかし、家では、避難の話がまとまらず、またどこに避難するか手はずが整わずうろうろとしていた。あとでの調査だが、遅かれ早かれ、30km圏内、警戒区域等の信者さんは、全員避難していた。まして、屋内待避命令で、教会を見にいくなんてことは、できなかった。仕事からの帰りに教会を見て、「よし、教会はまだ立っている」、もう少し落ち着いたら対策を考えよう・・など、役員の信者さんと相談して避難した。

教会被害・教会修繕
原町教会は主に地震の被害を受けた。献堂60周年のお祝いをしたばかりで、壁や床や屋根などを細々ながらきれいに修繕して、慈しんできた古い教会だ。余震がおきる度に、各部屋の壁の亀裂がひどくなっていった。屋根の養生は建設会社にブルーシートをかけてもらった。ここは、司祭は常駐せず、毎週北仙台から司祭が通っていたが今回の震災で常磐線が不通になり、6号線もガレキで不通になり、司祭が教会に来れなくなった。今後のことを、誰にどう相談すべきか、全くわからなかった。室内のガレキを片付け、「土曜日に祈ろうか、」と相談して壁のひびがある聖堂で二人で祈った。
郵便が入らないので、仙台教区の動きがわからず、またドミニコ会の動きもわからず、とても困った。この教会はドミニコ会の司牧領域だった。とにかく、北仙台の信者さんにお願いして、主任司祭を車でお連れしてもらった。4月10日、17日に仙台からラトウール神父様がきてミサがあげられた。参加者は5,6人。今後の話がされ、屋内待避の状態なので、信者を集めてミサをすることは困難だし、教会事態が地震の被害で危険だ。30kmの圏外に個人の家を借りてミサもした。公式のミサができないなら、有志で自己責任で、集まれる人だけ集まって日曜日には祈ろうということが続いていた。しかし、原町教会の行く末がはっきりしないのでは、私も他の信者も途方にくれるばかりだった。屋根は壊れて穴があいたままで、雨が降ったら完全に雨漏りだった。とても、修理するような財政はなかった。ご復活祭は、北仙台教会のミサに与ることになった。1時間半かけて仙台に出向いた。途中の6号線沿いの景色は、ひどいものであり、言葉を失うほどの驚きだった。漁港からの船だろうか100隻以上の船が内陸に流されてきて横倒しになっていた。宮城県に入ってからの、太平洋沿いの地区の災害はとても口では言い表せないほどだった。ガレキが少しずつ片付けられて(遺体捜索で)山積みになっていた。福島県の南相馬市の復興は、まだまだ遅れ、原発の放射能漏れの事故がすべての作業を遅らせていた。
4月27日には、東北新幹線も開通し、ドミニコ会の管区長様が来られ、原町教会の今後のことを話し合って行かれた。ここを閉鎖するわけにはいかない、教会がなくなったら、残された信者はどこへ行けばいいのか、みんな路頭にまよってしまうと4人の信者と管区長様と話し合った。
実は、政府は、4月22日に屋内待避から緊急時避難準備区域に指定し直した。指定し直しても、このままでは、工事もできず、また大工さんも瓦屋さんもどこかへ避難していなくなっていた。その後、幸運にも、仙台教区に全国や全世界からの支援金で修理していただくことになり、工事関係者がいない中、教区の中では、1番に修理がはじまった。また、6月1日には、平賀司教様の「被災地の教会には、日本人の司祭を常駐させる」という声明から、梅津神父様がガレキの中の原町教会に赴任して常駐された。それは、私達信者にはとても安心できることで、誰かに相談できることはとても幸せなことであった。
6月11日(土)東京教区の幸田司教様他4名のCTVCの事務局の方々が訪れた。「何が必要ですか?」との問いに、何かを支援して頂くという考えに至らなかった私達は、「教会の信者数がとても減ってしまった。できるなら、一緒にミサに与って欲しい」と答えた。

ikuko02教会除染・ヒマラヤ杉伐採
教会の除染は工事中に業者が屋根や外壁を水で洗った。そして、汚染土の仮置き場は、駐車場に汚染土が埋まっている。南相馬市の計画により、除染がはじまり、10月初旬に終わった。これは、早めに終えてよかった。表土を剥がなければ、空間線量は高くて、丸1昼夜1年中住むわけでもないが、気持ちの良い物ではない。ボランティアの方もおいでになれないし、巡礼の皆様もおいでになれなかったと思う。
ヒマラヤ杉の幹や梢にセシウムがついているということで、30年~40年の年輪のあるヒマラヤ杉を伐採した。ここは、さゆり幼稚園という教育施設を抱えているから、園児が安心して学ぶためにも危険な物は最初から排除されなければならない。

外部からの支援
一番、最初の支援は、2011年3月26日(土)だ。電話がつながってすぐの時だ。北仙台の信者さん達が、米、水、缶詰など、多くの食料を持って来てくださった。私達は、戸惑った。屋内待避ではあるし、まさか、このように外部から(他の教会)の支援がこの原町教会に来るなんて、今まで考えたことがなかったからである。そして、そのとき、原町教会にはまだ信者は2人だった。こいう支援があることにとても感謝した。その頃、食べ物が入って来なかったからである。

その後、各地の教会やCTVCのボランティアの方々が、今後何度となく、原町を訪れてくださっている。これも私たちの願いが実現したことだ。
10 月9 日には、福島市松木町教会様と合同の追悼ミサがあった。90 人くらいが、あの小さな原町の聖堂に入った。そして、クリスマスが迎えられた。教会に宿泊される方が増えた。年末年始にはCTVCスタッフや神戸からのシスターが宿泊された。新年のミサにも他県から多数来られた。3 月11 日には、東日本大震災から1 年の追悼ミサが原町であった。幸田司教補佐初め82 人の信者方が集まった。1 年が過ぎた。でも、復興はまだまだ。
5月6日 梅津神父様に代わって、名古屋教区から、狩浦神父様が赴任された。この日、1信者が亡くなり、狩浦神父様は赴任早々、嵐の中、お祈りに行ってくださった。

支援される立場から支援する立場へ
私達も復興に向けて、何かできないだろうかと考えた。CTVCのボランティアが活動している応急仮設住宅集会所に私達教会のメンバーも入ってみた。最初は、おそるおそるだったが、手作りのケーキ持参で、回を重ねるごとに顔を覚えられていった。
原町教会では活動できるメンバーは限られているが、様々なボランティア活動に参加するようになった。二本松の「やさい畑」との協力と連携も始まった。
今まで、無我夢中で活動してきた。昨年の3.11 からの混沌とした時から、原町教会はようやく明るい光が見えるようになった。これは、度重なる継続的なご支援と励ましのお陰である。この閉鎖的な教会社会に閉じこもっていたら、何の改善もされなかっただろう。この震災を通して、横に広がり絆もでき、各地に多くの知り合いができた。何より、いつも私達のミサに沢山の方々が一緒に与ってくださり、オルガン奏楽や朗読など、一緒にいてくださることが心強いことだ。「私でよければ、喜んでご奉仕いたします」とのお返事。喜んで・・・なんと心地よい響きだろう。そういう、外部の方々の姿勢や態度を見て、今まで参加しなかった方々が読み当番や、掃除当番に参加するようになってきた。はがきを書いてくれる人、お礼状を書いてくれる人も出てきた。何年も教会にご無沙汰だった人が、そのはがきを受け取り、突然訪ねてきたりしもした。「私達は避難して、ここには戻らないのですから、今後かまわないで下さい」と言われた方が「維持費を送りたい」と言ってきた。このようにして、幸か不幸か、今まで閉鎖的な教会が外に向かって開かれてきた。
多くの方々が、巡礼に来てくださることや、教会の壁が取り払われてみんなで打ち解け会えることがとてもうれしい。今後原町教会がどのように変化していくのか、まだまだ予想はつかないが、以前よりはよい方向へと変化していくことを望んでいるし、そう変わって来ていると思う。

ikuko04