「福島から語る」Vol.6 柳沼千賀子さん

2013年11月15日
野菜畑復興プロジェクト 柳沼千賀子
3年目の現状とこれから

 

yaginuma03私は福島県二本松市で生まれ、二本松で育ちました。途中30年間東京に住み、福島に戻り4年目になりますが、何の専門家でもなく一介の福島県人にすぎないものです。その立場から話させていただきます。
原発に対しては、反対の立場に立っています。あの取り返しのつかない事故については、天にまで届くバベルの塔を建てようとした人間のように、神の領域に踏み込もうとした、その人間の傲慢が罰せられているのではないかと感じています。
照明やエアコンを作り出したことによって、明るさも温度も自分の思い通りにすることができるようになったことで、太陽などの神からの恵みを忘れてしまいました。この災害は神が私たちに「原点に戻って考え直すこと」を問うているのではないでしょうか。
原 発に関しては、皆それぞれの立場から賛成・反対を申し立てています。福島県人の中にもそれぞれの立場で賛成・反対の人がいます。それは、原発がどうこうと 言うよりも、目の前に東電という会社があり、そこで働いて、そこに勤め、良い給料を得、言うならばそこに生活がある。また元通りの生活を取り戻したいため に再稼働してほしいと言う人もあれば、良心に従って熱心に脱原発運動をする人もあり、人それぞれの事情があって、何とも言いようがありません。
放 射能は人間にとって決して良いものではありません。放射能のない、前の状態になるに越したことはないのですが、私たち福島県人にとって放射能があるからと 言っても、故郷は自分のアイデンティティのある場所です。一部の学者の中には、福島はもう住めるところではないから、そこから逃げろと言う人もいます。し かし、県人にとって、自分の故郷はそう簡単に捨てられるものではありません。私たちはそのジレンマの中で生活しています。家族が不治の病に罹ったからと 言って見捨てはしないでしょう、愛がありますから。福島は私たちにとって愛する故郷ですから、私たちの望みは復興させることです。なんとか元通りになる可 能性が少しでもあるならば、そうしたいのです。このような思いで私たちは活動しております。
そういう中にあって科学者の中にも、先 ほど申し上げたように、意見の相違があります。危険だから逃げろと言う方々や、この位なら大丈夫と言う人など、様々な見解があります。どちらかというと、 科学者の方に危険性を強調する人が多く、医者の方にこの位なら大丈夫と言う人が多いようです。私に寄せられたメールで、大阪の放射線科の医師は、17年間 放射線の研究に携わっているので福島の人よりよっぽど僕の方が被曝しているが、いまだ何でもない。長崎のお医者さんからは、健康問題を考えるなら放射能の 問題よりも生活習慣病の方がよほど大きな問題だと。また、新潟でお話をさせていただいた時には、科学者は福島は危険だから逃げろというが、彼らは身体の専 門家ではない。だから、彼らの言うことは90%嘘だと。それぞれの方の意見が異なっているのです。
福島では天気予報と一緒に、毎日 各地の放射線の線量が発表されます。テレビでも毎日大震災の番組が今も放送されています。他県では、もはや大震災の放送はされていないと伺いました。です からその点でも、他県とのギャップを感じます。東京に野菜販売に初めて伺ったところで、ある方に「もう復興したんでしょ」と言われ、言葉を失いました。福 島はいまだ復興の入り口にも立っていませんから。
大震災が忘れられ、野菜の放射能も今は不検出ですからその問題も忘れられたならいいのですが、福島産は買わない、ということで意識が固定化されてしまっている方も多々あるのが残念です。福島の苦しみは忘れられ、風評被害だけは残っているのです。

 

東電からの賠償金は放射線量で金額が変わります。同じ村の出身でも放射線量によって金額が違うとなると、人々の間に溝が生じます。それが東電や国の狙いでしょうか。人々を分裂させて東電や国に対しての抗議の力を弱めています。yaginuma02
福 島への偏見も根強くあります。私は大震災後の5月にボランティアとして宮城県に行きましたが、分かち合いの時に、福島から来たと自己紹介すると、他県から 応援に来ておられた神父様に「放射能を持ってきてくださったのですね」と言われ、そういう目で見られているのかと思い愕然としました。軽い意味で言われた のかもしれませんが、言われた側としては凍りつきました。その他、教会内といえども放射能に対する忌避感の強い人もおり、教会で野菜販売をさせていただい ていると、「あの人たちの靴の底には放射能がついている、車にも放射能がついている。どうしてそういう人を教会の構内に入れるのですか」と神父様に抗議し た方もおられました。私たちの福島産農産物の販売を懸命に応援してくださる方がある一方で、よく思っていない方もまだまだ多くおられます。
県人同士の中でも、地震や津波で避難した人々、原発による避難の人々等、被災者の間でも背景が大きく異なり、無理解やいざこざが起こっています。賠償金の違いは妬みを生み、断絶が生じています。
ま た、小さいお子さんをお持ちのお母さん方は避難指示が出ていない地域に住んでおられても子供のためにと自主的に避難しています。その方々は自主避難ですか ら賠償金はなく二重生活なので経済的には楽ではありません。母親は子どものためを思い、父親は仕事を考え、夫婦間でも意見が分かれます。自主避難した子ど もはかつての友だちと別れなければならないため母親にその怒りをぶつけます。家族の中でもこのように分裂し、分断が起こっています。原発がもたらした問題 は、環境の汚染だけでなく、人間関係の分断でもあったのです。
仮設住宅に暮らす人々は、今の所に落ち着くまでに、少なくとも7、8 回の移転を余儀なくされています。最初は体育館。そこはプライバシーがなかったため、次に旅館やホテルに移動し、仮設ができるとそこへ移り、と引っ越しを 繰り返しています。仮設は狭くて、壁も薄く、隣の音が全部聞こえてしまう、また、狭いため、子どもが勉強する時には、大人はTVを見られない。受験生が居 れば、どこで落ち着いて勉強が出来るのか。このような状況の中で、少しでも条件の良い所をと、借上げ住宅や親せきの家へと、居場所を求めて移転を繰り返し て来られました。
そのような状況は何をもたらすのか。コミュニティーの崩壊です。人は関わり合いの中で生きています。引っ越しの度 に友だちや親しい人と別れ、一人ぼっちになってしまいます。また一から共同体を作り上げていかなければならないのです。子どもでも大人でも、場合によって は、新しい環境に馴染めないままになってしまいます。仮設生活が3年経った今、自活力のある人から自立していきます。つまり、自治会長さんなどが真っ先に 仮設を出て行かれます。すると次の自治会長を選ばなければならなくなります。人事異動があると、それを受け入れない人もあり、仮設の中をまとめるのも結構 大変な役割となります。
県外へ避難した方も、1,2年目のアンケートでは福島に戻りたいという回答をしていましたが、時間が長引く ことによってその新しい土地に慣れて、特にその地で仕事を見つけた人、子どもが学校に馴染んで楽しく学校生活を送っている、等の理由でその地から離れがた く、3年を過ぎたアンケートでは戻らないと回答する人が増えています。どうしても故郷に戻りたいのは高齢者です。彼らは何としても帰りたいのです。

 

yaginuma04私 たちは「福島やさい畑」を立ち上げました。原発事故後、農家が大変な状況になってしまったことがテレビで報道されていたことがきっかけでした。農業は人が 生きていく上でなければならないものです。他の職業はあれば便利ですが、それがなければ人は生きていけないというものではありません。農業は人と神様との 合作です。被造物である人間は神の恵みによって生かされていることを知る場でもあります。福島は農業従事者が日本でも最も多い県ですが、その福島がこのよ うなことになったということは、文明国日本に対しての神様からの警告ではないかと感じています。作物は労働の実り、命の糧、大地の恵みです。それを私たち は忘れているのではないでしょうか。現代の日本人はお金さえあれば何でも手に入ると思っています。日本になければ、海外から輸入すれば良いというものでは ないのです。海外の物は、農薬の規制もゆるく、どのように作られているかも不明です。私たちは食べると言うのはどういうことか、命を支えている食物につい て、日本人は根本から再考しなければならないと思っています。この仕事を通して、そのようなことも問いかけていきたいと思っています。
東 京のカトリック教会に福島の野菜を買っていただけないかと相談を持ちかけたのは2011年7月でした。個人事業で始めて翌2013年4月にはNPO法人と なりました。皆様に助けられてお陰様で今、毎週5、6ケ所のカトリック教会で野菜を販売させていただいて合計40カ所の教会に直接販売にお伺いしていま す。月に一回の所、二回の所、毎週の所やバザーの時だけなど、様々な形で販売を続けています。最初はこちらからお願いし、あとは口コミで増えて行きまし た。1年後、2年後には断られるのではないかと心配しましたが、丸一年経った今、一ヶ所ももう辞めましょうというところはなく、それどころか増え続けてい て、私どもを忘れず応援し続けてくださっています。本当にありがたく感謝しています。
当然のことながら、私たちの出荷する野菜は放 射能の測定をしています。除染の努力も惜しまず行っています。放射能のことについてはかなり神経を使っています。今となっては除染をし、放射能測定をして 安全確認している福島産の農産物の方が安全ではないかとさえ思います。放射能に関しては、福島だけの問題ではないようです。青森でも高濃度の野菜が発見さ れたり、千葉県でも高い濃度のものが確認されました。このような状況だからこそ、冷静に、あらゆる角度から調べる必要があるのかもしれません。
福島の農家の中には、農業を諦めてしまう方も沢山います。また反対に、農業に対する愛情から何としても復興させたいとの思い入れの強い方もいます。福島は無農薬農法の方も多く、私の関係している方も有機農業や微生物を使って土壌改良に努めています。
私 たちの活動としてもう一つ、野菜支援があります。仮設の方に野菜を配っています。発端は仮設の方々からの声でした。原発事故後、スーパーから福島産の野菜 は消えました。しかし、1年が経った頃、地元の福島産の野菜が食べたいという声が出てきたことを受け、無料で配布することにしました。500円分を袋に詰 め、仮設の全戸に配布することにしました。その資金は一口500円で寄付をお願いすることにしました。この活動は全戸を訪問するので、安否確認の役割もで きることから「見回り」という大きな意味のあるものとなっています。また、その配布する野菜も震災後、良品でありながら風評被害のために売れなくなってし まった野菜を仕入れています。ささやかでありながら仮設も農家も助けられるという二重の意味のある活動となっています。
皆様にお願 いしたいことは、支援活動のボランティアの数も少なくなっているので、若者と高齢者がグループを組み、お金はあるが労働はできない高齢者が旅費を出し、お 金はないが体力はあるという若者を送り出していただき、チームでボランティアを送って頂きたいと思います。そして帰って来たら報告会を開いて、その活動を 共有するといいと思います。

 

物資の支援については、今の時期、ある意味では十分ですが、自主避難の方々のためにはまだまだ必要と考えます。彼らは経済的に困窮している上、公立の学校に入れないので、私立に行かざるを得ず、日用品・生活必需品なども支援の対象となります。yaginuma01
幼稚園支援に関しては、原町の幼稚園では震災前には90名もいた園児が震災後13名に激減し、今は 30名近く戻ってきています。子どもたちの遊具などのご支援をいただければと思います。
購 買支援としては、福島と言うだけで物が売れなくなっていますので、野菜のみならず福島の物産を買って頂きたいです。また観光客も激減してしまいました。ボ ランティアをしなくても、福島へ来てくださるだけでもありがたいのです。福島は無名ですが温泉が200もございます。温泉旅館に泊まって食べて飲んでお土 産を買って遊んでいただき、楽しんで喜んでいただければ、それも大きな支援です。ツアーを組んで遊山をしていただくことも有難いことです。
最後に、福島にいらした感想を周りの方々に話していただければ幸いです。福島は復興にはまだまだ遠い状態にあるので、ご自分の見聞きされたことを、人々に伝えていただきたいと思います。