「福島から語る」Vol.2 田中徳雲さん

「福島から語る」Vol.2 田中徳雲さん

田中徳雲師講話 2013年9月13日 東京・四谷にて

 私は一般の普通の家庭に生れ育ち、高校在学中は野球をしていたのですが、下手で、練習をやり過ぎてけがをし、入院、その入院中に先生に勧められて、吉川英治の宮本武蔵を読み、その本の中の沢庵和尚に強く惹かれ、自分もこのようになりたいと思い、坊さんになりました。
平成9年から福井の永平寺で約5年間修行し、その後、今の南相馬市小高区の同慶寺に副住職として迎えていただきました。今から七年前に急に和尚がいなくなり、その後私が住職を仰せつかっております。また今から八、九年前にこの寺の分家の小寺である双葉町の仲禅寺の住職もさせていただきました。現在、私は結婚していて家族もあり、4人の子ども(9,7,5,1)歳の子育て真っ最中です。そんな中でこの度の大震災に出会いました。

 まず、この寺の歴史を申し上げると、この寺は1213年に建立され、今年はちょうど800年の節目に当たります。1394年、相馬藩13代のとき天台宗を真言宗に改め、名称も同慶寺としました。相馬家は非常に宗教意識が高く、鎌倉時代より連綿と続いてきた家柄ですが、この時代から明治の廃藩置県まで続いた藩は、岩手の南部藩と九州の島津藩そしてこの福島の相馬藩の3藩のみで、しかも相馬は6万石の小藩にすぎません。それも背伸びして、本来は三万石と聞いています。小藩の良さと言うか大名、殿様と人民の間が親密であったということも否めません。互いに酒を酌み交わすなど非常に親しい関係があったようです。
ご存知のように、ここでは昔から地域の伝統芸能として、野馬追の行事が千年以上続いてます。相馬の祖は平将門と言われており、自然放牧をしている馬を年に一度集めて野馬追と言う祭事が行われています。
地震の前までは私達には平和な日常がありました。我々は地震のたびごとに原発について心配していましたが、3・11の直後、直感的にこれはだめだろうと思いました。寺もかなり崩壊してしまったのですが、私自身は揺れが収まってすぐに学校に行き、子供たちを集め、地域の皆様と相談して、すぐに避難を始めました。ちょうど寺には信者の方々が来ておられたので、その方々をお送りしがてら、先ず60キロ離れた福島まで行きました。
車中で子供たちは情緒不安定になり、風が吹くとおびえて泣き出します。一旦福島のふくろうの会に立ち寄り、そこから会津若松の栄町教会に落ち着きました。しかし、またそこから日本アルプスの向こうの長野をめざし、夜通し走って避難し、翌日、福井をめざし、家族はそこに落ち着きました。
自身は福島の人のことが気が気ではなく、単身福島に戻り、それから福島-福井を往復する生活が2年間続きました。片道800キロの道のりの往復は2年間続き、五日に一度とか、約140回を数えました。家族にとっても今まで一緒に暮らしていた生活状況が一変し、父なしの生活は限界でした。それでとりあえず、妻の実家のあるいわき市に今年の4月に帰ることにしました。

 話しが交差しますが、震災後、6月頃、立ち入り禁止の寺に許可証をとって入り、見るも無残な草ぼうぼうの倒壊した寺の写真を撮ったり、原子力国際センターにかけあって10月第1回の清掃活動を提案し、信徒の方々と共に始めました。そのために前日まで掛け合い、立ち入り制限を何とか強行突破しての事でした。まだ水も電気もなく、不自由な中でしたが掃除道具・弁当持ち寄りで、私たちは思いを貫きました。その後、現在に至るまで1日と15日に、清掃行事を続けています。掃除のときには記念写真を撮り、終わると茶を飲み弁当を食べてゆっくりしてゆかれる。一方福井に残した家族は五歳の子供が七月の七夕の短冊に願い事を書けばよいと言われて”フクシマニカエリタイデス”と書いていた。
妻も私も言葉がなかった。子供なりの気づかいで我々に直接に言ったことがなかったのです。みんなで一緒に生活したいというのがみんなの希望です。おじいさんもおばあさんも友達もみなある日、突然、生活が途切れ、離れ離れになり、今に至っています。夏休みなどに友達と会う機会を作るなどの活動が続けられています。継続的にこのような運動は続けたいと思います。子供たちは、最初は緊張して少し馴染まなくても、すぐに打ち解けます。私たちは被災者であるとともに同時に支援者でもあり、心のケアをする宗教者でもあります。宗教というとレリジオンの訳ですが、もともとそれは生活のことです。