【講演会情報】2018年10月20日(土)CTVC講演会「福島から語る」映画上映と現状報告会

CTVCは震災・原発事故後、福島の人々の率直な思いを講演会を通してお伝えしてきました。
福島からの色々な学びの中で、原発事故から2か月後、国が“警戒区域内にいる全ての家畜を殺処分にする”指示を出し、多くの農家が殺処分に応じた中で、少数の畜産農家が被ばく牛を生かそうと世話を続けていることを知りました。
今回の「福島から語る」は、存在が許されない被ばく牛とその命を守る農家の人たちの5年間の記録を描いた映画「被ばく牛と生きる」を鑑賞し、福島の現状を幸田和生司教(CTVC責任者)がお話しします。
ご参加をお待ちいたします。

 

日時:2018年10月20日(土)14時~16時30分(13時30分開場)

プログラム:
・映画上映「被ばく牛と生きる」完全字幕版
・現状報告会(CTVC責任者 幸田和生司教)※パソコン要約筆記あり

会場:幼きイエス会ニコラ・バレハウス 9階ホール
東京都千代田区六番町14-4
東京メトロ丸ノ内線・南北線、JR中央・総武線「四ツ谷駅」麹町出口より徒歩1分

参加費:無料(会場内の献金にご協力ください)

定員:100名

申込方法:
下記の参加申し込みフォームにお名前、ご所属、メールアドレスを入力して送信してください。
またはフォームの内容をメールまたはファクスでCTVC事務局までお送りください。
当日参加も受付けます。
申込締切:10月17日(水)

お問い合わせ・お申込み:CTVC-カトリック東京ボランティアセンター
電話03-6721-1421 ファクス03-6721-1422 メール tokyo@ctvc.jp