【講演会情報】2021年2月28日(日)CTVCオンライン講演会「福島から語る」

東日本大震災・原発事故後の福島の人々の思いをお伝えしてきたCTVC講演会シリーズも今回で最終回となります。
今回は、福島県浪江町の「浪江まち物語つたえ隊」の紙芝居「見えない壁を乗り越えて」(本邦初演)と「浪江のお母さんの話 おふくろ」をお届けします。

東日本大震災発災から10年が経とうとしています。CTVCは3月末日をもって10年にわたる活動を終了することになりました。
この間、多くの方々に様々な形で支えられ、ともに支援活動を行うことができました。
すべての皆様との出会いに感謝申し上げます。
これからも形を変えてそれぞれにつながっていけますように。被災地の人々を思い続ける講演会にしたいと思います。

今回の講演会は、新型コロナウイルス感染拡大防止のためオンライン講演会となります。
参加申し込みは不要です。皆様のご参加をお待ちしております。


CTVCオンライン講演会「福島から語る」
見えない壁を乗り越えて ~紙芝居で伝える福島の今~

日時:2021年2月28日(日)午後2時~午後3時45分終了予定

講演者:浪江まち物語つたえ隊(福島県浪江町)

【プロフィール】
2012年仮設住宅で暮していた町民二人でスタート。
帰る事が出来ない故郷を想い、その歴史、東日本大震災のこと、原発事故のことを紙芝居で語り継いでいます。
現在は5名で活動中。
浪江町に伝わる昔話や震災時の実話をもとにした紙芝居、アニメーションを制作し、故郷の記憶や震災の記憶を風化させないよう活動を続けています。

参加費:無料
パソコン要約筆記あり

オンライン講演会参加方法:facebookライブ配信【申込不要】
CTVCのfacebookページにアクセスしてご視聴ください。
URL: https://www.facebook.com/ctvc.tokyo/

※今回は、事前申込制のZoomウェビナーでの配信は行いません。
参加者による質疑応答もございませんので、ご了承ください。

お問い合わせ:CTVC-カトリック東京ボランティアセンター
電話03-6721-1421 ファクス03-6721-1422 メール tokyo@ctvc.jp

※テレワーク実施中のため、お電話をいただいてもつながりにくい場合があります。お問い合わせは、メールにてお願いいたします。